小室圭さん母が「金銭トラブル」の“交渉を開始” 秋篠宮家関係者は“唖然” 「また勝手に話を進めて…」



文/編集部(2019.8)

元婚約者との金銭トラブル解消の交渉が始まる

小室圭圭さんの母・佳代さんが、元婚約者の男性と「金銭トラブル」を起こしている問題で重要な進展があった。

25日、小室家の代理人・上芝直史弁護士はメディアの取材に対し、8月上旬に、❶小室さん側の代理人弁護士、❷元婚約者の男性、❸男性の代理人の三人で話し合いを行ったことを認めた。上芝弁護士は「スピーディにやりたい」と意気込みを語っており、来月以降、速やかに合意に達したい意向だ。

話し合いの場に、小室圭さんの母・佳代さんは同席しなかったとのこと。また元婚約者の男性は、上芝弁護士に対して400万円の返金を求めたという。

頻繁に自宅を出入りは交渉のため?

当の小室佳代さんはこの8月上旬に、頻繁に自宅マンションを出入りしていたことを当サイトでも言及してきたが、「金銭トラブル解決」にむけて奔走していたのだろう。佳代さんには複数人の支援者が確認されており、返金する400万円の目途が立っていると予想される。

今後は、眞子さまと小室圭さんの結婚に「ケチ」がつかない返金の仕方を詰めていくことになる。関係者の話によれば、現在も小室家は「借金」ではなく「贈与」であったとの見解を崩していないそうだ。

宮内庁関係者は唖然

この突然の発表は、宮内庁関係者にとって青天の霹靂であったらしい。秋篠宮家のオクに通じる関係者は次のように電話取材に答えた。

「そんな話は誰も聞いておらず、(当サイトから)連絡をいただき大変驚きました。『また勝手に話を進めて…どうなっても知らないぞ』というのが正直な感想です。秋篠宮ご夫妻は、今日、ブータンより帰国したばかりです。帰国してすぐにそのようなニュースを聞かされるとは、まさに晴天の霹靂どころ、“寝耳に水”だったのではないでしょうか…。明日からの秋篠宮家の空気がさらに重たくなりそうです」(秋篠宮家関係者)

果たして小室家は「金銭トラブル解決」を無事解決させ、眞子さまとの結婚について「国民の祝福」を得ることができるだろうか? 今後の動向に注目が集まる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。